国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

新米大統領で注目される米欧関係とヨーロッパの今後

執筆者:田中明彦 2000年11月号
カテゴリ: 国際

 本稿が読者の手許に届くときにはすでにアメリカの新しい大統領が決まっているだろう。アメリカが新体制のもとでいかなる世界政策を実行するか。これは大問題である。いっぽう、日本ではあまり注目されていないが、ヨーロッパもまた、新たな変革・調整の時期を迎えている。今回は、米欧関係とヨーロッパの今後について焦点をあててみたい。 まず米欧関係についていうと、大統領選の終盤に、ブッシュ候補がバルカンからのアメリカ軍の撤退の可能性に言及したことが、将来の北大西洋条約機構(NATO)のあり方についての議論を誘発した。アメリカのヨーロッパ関与について「構造的不安定」ともいうべきものが生まれてくるのではないかというのである。 十月にユーゴスラビアでミロシェビッチ大統領が退陣し、コシュトニツァ政権が誕生したことで、バルカンにようやく安定化の兆しがみえてきた。しかし、これは、NATOの今後ということでいえば、不安定要因になりかねない。冷戦終結直後にもNATOの将来についての議論が盛んになされたが、再び、NATOをめぐる議論が盛んになるかもしれない。 コラムニストのウィリアム・パフによれば、NATO同盟は、加盟国それぞれにとって異なる意味がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順