銀行経営者も遊び心を

成毛眞
執筆者:成毛眞 2002年12月号

 このところ、新聞の政治経済面は金融問題のニュースばかりだ。税効果会計の可否だの欠損金の繰越だの、むずかしい金融・経済用語が飛び交い、議論ばかりが延々と続いている。それをもとに政策や政権の善し悪しを判断しなければならない一般国民にとっては、何とも荷が重い。 要は銀行の体質を改善し、利益が出るようにしなければ、余裕をもって資金を貸してもらえないということなのだろう。しかし、不思議なのは議論が銀行の体質改善に終始しているように思われることだ。不良債権を減らして自己資本を充実させる、資産内容を見直し良好な財務体質をつくるといったことは、しょせん利益を出すための準備にしか過ぎない。 健康体になった銀行であれば、どこであれ自動的に利益を生み出せるのだろうか。そうではあるまい。格付けの格差が物語る通り、実際には良い銀行と悪い銀行があるのだ。僕ならむしろ、不良債権処理の方法よりも、処理終了後の各銀行の経営方針の方を聞いてみたいと思う。 もう一つ疑問なのは、税金を投入して経営が健全化したとしても、本当に銀行のサービスが良くなるかどうかだ。単に事業資金を貸してもらえるようになること以外、国民にとってなにか見返りがあるのだろうか。その約束がないならば、悪い銀行から順に廃業してもらいたいと思うのは僕だけではないだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順