“世俗国家”フランスを揺るがすイスラム教徒のスカーフ

国末憲人
執筆者:国末憲人 2003年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

[パリ発]仏国民議会(下院)はその時々の政策課題についてインターネットの討論コーナーを設けている。そこで十月以降、最も議論が闘わされている話題は、イラク問題でも欧州統合でもなく「学校での宗教的象徴」。中学、高校でイスラム教女生徒が着用しようとするスカーフやベールを認めるかどうかが焦点だ。「髪の毛を隠すのはイスラム教徒の権利。フランスが自由の国なら着用を認めるべきだ」「キリスト教徒も学校では十字架を身につけない。イスラム教徒だけなぜ我慢できないのか」 新聞の寄稿欄も連日この論争で埋まっているが、騒ぎ自体は、決して目新しい話ではない。パリ北方クレイユの公立中学で、教師の指導に従わず、スカーフを着用した女生徒が教室から排除されたのが八九年。以後もトラブルは断続的に起きていた。 それが今年に入り、女生徒自らがメディアに登場するケースが相次いだため、一気に政治問題化。学校側の対応を巡って「信教の自由」か「布教活動」かで議論が沸騰した。この十月、パリ郊外オーベルビリエの公立高校でスカーフを取ろうとしなかったリラ(一八)、アルマ(一六)の姉妹が退校処分になると、家族の元にマスコミが殺到。その後もスカーフをかぶったまま幼稚園に息子を迎えにきた母親が追い出されたり、パリ市役所のソーシャルワーカーがスカーフ姿で面接業務に就いていることが判明したりと、騒ぎは拡大傾向だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順