国連イラン制裁の現場から(1)「国連安保理による制裁」とは

鈴木一人
執筆者:鈴木一人 2015年10月16日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中東

 この「国際機関の部屋」では国連や国際機関に関わる時事的なテーマとは別に、筆者が実際に国連で業務に携わったイラン制裁について、9月にForesightで掲載された記事で書ききれなかったことをいくつかのテーマに分けて論じる予定としている。

特権的な地位

 今回は国連安保理による制裁とは何かについて解説してみたいと思う。国連安保理は国連の中で特権的な地位にある。それは国連憲章第25条で「国際連合加盟国は、安全保障理事会の決定をこの憲章に従って受諾し且つ履行することに同意する」ことが定められているからだ。つまり、安保理の決定は全ての国連加盟国を拘束する。国連総会は加盟国に対して勧告的意見を出すにとどまり、各国がどのように対応するかは裁量の余地が大きく、安保理の決定は裁量の余地が小さいと言える。

 また安保理は国連憲章第7章で「強制措置」を取ることが出来る。日本では第7章の強制措置を「安保理に授権された武力行使」に着目してみる傾向が強いが、経済制裁など、武力を伴わない「強制措置」を取る方が一般的である。安保法制を巡って議論された国連による「集団安全保障」は、この国連憲章第7章に基づいて行われるもので、経済制裁もそれに含まれるが、安保法制の議論では集団安全保障に対する議論も深まらず、ましてや経済制裁についての議論は全くなかったのは、残念なことである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鈴木一人
鈴木一人 すずき・かずと 北海道大学大学院法学研究科教授。1970年生まれ。1995年立命館大学修士課程修了、2000年英国サセックス大学院博士課程修了。筑波大学助教授を経て、2008年より現職。2013年12月から2015年7月まで国連安保理イラン制裁専門家パネルメンバーとして勤務。著書にPolicy Logics and Institutions of European Space Collaboration (Ashgate)、『宇宙開発と国際政治』(岩波書店、2012年サントリー学芸賞)、『EUの規制力』(日本経済評論社、共編)、『技術・環境・エネルギーの連動リスク』(岩波書店、編者)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順