台湾総統選「双英対決」

執筆者:フォーサイト編集部 2011年6月21日

 なかなか辞めない菅総理。フォーサイト・フォーラム「『ポスト菅』の政治の行方」に寄せられるコメントにもいら立ちが目立ちます。nekosukiさんは、「菅総理自らが、自分の顔を見たくないのであれば、一日も早く法案を通せと開き直る、しかも満面の笑みを湛えて。やくざの物言いにも似た菅総理の言葉には唖然とするばかりである」とお怒りです。toyokawaさんからは「菅さんは総理大臣としては国民に選ばれていません。というより参院選で否定されています。正統性に欠けることおびただしい」とのご指摘。確かにその通りです。一方、JSIBATAさんからは、umikazekobeさんの呼びかけに応じる形で、「ネット選挙に私も賛成です」とのご意見が入っています。

 本日の更新記事は、野嶋剛さんの「台湾総統選『双英対決』の微妙な争点」です。半年後の台湾総統選に向け、準備を進める国民党・馬英九と民進党・蔡英文。中台関係を際立たせるのか、あるいは曖昧にするのかが争点になっています。

 「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「米国−パキスタン関係の悪化は日本にとっても死活的な問題」の新エントリ。ビンラディン殺害でアメリカとの関係が悪化したパキスタンは、中国に急接近。インド洋の要衝であるグワダル港を中国が軍港化すれば、中東からインド洋、マラッカ海峡を通るシーレーンにエネルギー輸入を依存している日本にとっても死活的な問題となります。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順