クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

落ちたロシア機

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2012年6月15日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: ロシア

 いまから67年前の5月7日、アドルフ・ヒトラーのナチス・ドイツは、東から迫るソ連軍に首都ベルリン市内まで押し込まれ、ついに連合国に対し無条件降伏した。ロシア人にとって、それは愛するロシアの歴史に書き残す祖国解放の瞬間だった。  今年の5月7日、モスクワの晴れ渡った空に31発の礼砲がとどろいた。ウラジーミル・プーチンがクレムリンに入ってきた。3度目の大統領としての就任演説の中で、彼は祖国ロシアの栄光のために尽くそう、ユーラシアが誇る国になろうと国民に呼びかけた。  5月初旬、長く厳しい冬から解放されたロシア人は、自らの力を信じ明るい未来を待ち望む季節を笑顔で迎えた。    その5月の9日、インドネシアの西ジャワ、首都ジャカルタに近い空港をロシア製の旅客機が飛び立った。冷戦時代に多くの軍用機を製造して米国に対抗してきたスホーイ社が、自信をもって送り出した中距離旅客機スーパージェット100だった。軍用機の世界ではソ連時代から定評のあるスホーイ社が、民間機の分野にスイッチして仕上げた名機だ。  航空業界の関係者、ジャーナリストらを乗せ、女性の客室乗務員1人も積んで、スーパージェットは滑らかに飛び立った。デモンストレーション(展示)飛行は、50分ほどで済む予定だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順