クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

六十年前の極秘情報 名づけてベンジョ・プレス

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2005年10月号
カテゴリ:

 太平洋戦争の始まるまでスタルヒンだったピッチャーが、須田と改姓して西宮球場のマウンドで投げていた。私はそれを見た。当時は試合が五回か六回まで進むと、子供はタダで入れてくれた。須田は、遠目にも日本人とは異なる白皙だった。 英語は敵性語だから使ってはいけない。セーフはヨシ、アウトはヒケだった云々。六十年前の戦争を振り返って、いまの日本人は先祖の了見の狭さを嗤う。だがスタルヒンは投げ、巌本真理はバイオリンを弾いていた。 そのうえ敵性語を排斥したはずの国で、実は英字新聞が二紙、休刊日以外は一日も休まずに終戦まで発行され続けたのだ。 二紙とは「ニッポン・タイムズ」(現ジャパン・タイムズ)と「ザ・マイニチ」である。私はのちに後者にしばらく在籍し、英語で原稿を書いたことがある。 ただ発行しただけではない。「戦争が始まって、英文は肩身が狭かろうと、みんなにいわれたが、これは全く反対だった。部数も大いにふえたし、広告の申込みも処理しきれないほどであった」と、当時の英文毎日営業部長は語っている(『毎日新聞百年史』)。敵性語新聞の媒体としての価値は急上昇し、広告は抽選で載せたという、新聞社として最高に景気のいい話である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順