【水】ウクライナ、インド、米共和党

執筆者:フォーサイト編集部 2014年4月23日

本日の更新記事は、春名幹男さんの「インテリジェンス・ナウ ウクライナ情報機関の『非ロシア化』が先決――暗号通信など筒抜け状態」です。ウクライナの情報機関には旧ソ連時代からの因縁でロシアのスパイが潜入しており、情報はロシアに筒抜け。ブレナンCIA長官のキエフ極秘訪問も、すぐに漏れました。

「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

富豪起業家からマジシャンまで――『インド総選挙』タレント候補の多彩な顔ぶれ」(インド、緒方麻也さん):政権交代の期待が高まっているインド総選挙の投票が始まりました。今回はこれまで以上に俳優やスポーツ選手、文化人、起業家ら多士済々の候補者が乱立しています。

米共和党『ジェブ・ブッシュ擁立論』の強みと弱み」(アメリカ、足立正彦さん):めぼしい候補者がおらず、2016年大統領選でも苦戦が予想される米共和党。「もう1人のブッシュ」に注目が集まっていますが、その強みと弱みとは。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順