インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

ウクライナ情報機関の「非ロシア化」が先決――暗号通信など筒抜け状態

春名幹男
執筆者:春名幹男 2014年4月23日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
 キエフ訪問が報じられた米CIAのブレナン長官 (C)AFP=時事
キエフ訪問が報じられた米CIAのブレナン長官 (C)AFP=時事

 ウクライナ情勢の出口が見えない中、ジョン・ブレナン米中央情報局(CIA)長官が4月12日、首都キエフを訪問した。

 偽名での極秘訪問だったが、ロシアのメディアがすっぱ抜いた。そしてブレナン長官のキエフ訪問直後、ウクライナ治安部隊が東部ドネツク州スラビャンスクで市庁舎などを占拠していた親ロシア派グループの強制排除に着手した。

 強制排除の「ゴーサイン」を出したのはCIA長官――とノーボスチ通信などロシアのメディアは非難した。もちろん、ホワイトハウスもCIAもこれを否定した。CIAスポークスマンは「長官がウクライナ当局に戦術的工作を督励するなどという主張は全くの誤り」と述べた。

 さすが、ウクライナ国内に諜報網を張り巡らすロシアのこと、CIA長官の動きをいち早く察知した。しかし、米・ウクライナ間の情報協議の詳細を入手するのは困難だろう。メドベージェフ首相が「内戦の瀬戸際」などと盛んに牽制しているのは、オバマ政権側の意図を掴みかねているからではないか。

 長官のウクライナ訪問の理由は、CIAと国内治安機関「ウクライナ保安局(SBU)」間の情報共有の方法を話し合うこと、さらにCIAの秘密工作や特殊部隊派遣の可能性を探ることにあった。米政府内では「秘密軍事作戦の検討が進められている」とニューヨーク・タイムズの元記者で米外交問題評議会名誉理事長のレスリー・ゲルブ氏は明かしている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順