マレーシア機撃墜に「サハリン」の亡霊――調査団が近く報告書

名越健郎
執筆者:名越健郎 2014年8月15日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ヨーロッパ ロシア

 筆者は8月前半ウクライナを1週間訪れ、首都キエフと南部のオデッサに滞在した。東部で戦闘中とあって、キエフは活気がなく、物価高やエネルギー不足が市民生活を圧迫していた。革命の聖地であるマイダン広場のテントや瓦礫の撤去が進み、ポロシェンコ政権はこれからが正念場だ。今後、ウクライナの最新情勢を報告するが、今回は死者298人を出した7月17日のマレーシア機撃墜事件の後日談を紹介したい。オランダが率いる国際調査団が近く、事件1カ月をめどに暫定的な調査報告書を公表する予定で、狂気の蛮行が改めてクローズアップされそうだ。

 

激しい情報戦

 マレーシア機撃墜について、ウクライナ政府は発生当初から、「東部の親露派がロシア軍の協力で実行した国際テロ犯罪」(ナイダ保安局長官)との主張で一貫している。保安局は事件直後、記者会見を行い、「飛行機を撃ち落とした」とする親露派勢力2人の電話盗聴記録を公表。ブークと呼ばれるSA11対空ミサイルを積んだトラックが撃墜後、逃走中とされる写真を公開した。

 親露派勢力「ドネツク人民共和国」のストレルコフ国防相が撃墜直後、「ウクライナのアントノフ輸送機を撃墜した」とソーシャルメディアに書き込み、その後消去されたことも伝えられた。米政府も、親露派支配地域でロシアの提供したミサイルによって撃墜された「強力な証拠」があると強調した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順