再膨張「道路利権」という日本の病根

執筆者:吉野源太郎 2008年4月号
エリア: 日本

すべての道は利権に通ず。元祖土建政治家・田中角栄のDNAは日本の津々浦々に深く染みつき、いまなお地域を支配する。 二月中旬、宮崎県の有力建設会社、八紘が事実上倒産した。社長の古小路汎氏は中堅建設業団体、宮崎県建設業協会の会長。地元には「地域経済の崩壊だ」と悲鳴が上がった。「道路財源死守」を叫ぶ東国原英夫宮崎県知事の全国行脚はさらに熱気を帯びた。道路族の“走狗”と揶揄されてもひるまない。本人は尻に火がついた思いなのかもしれない。 二年前、当時の小泉純一郎首相は衆院本会議で「二〇〇七年度から道路特定財源の一般財源化に着手する」と表明した。今年三月末の暫定税率期限切れをきっかけに、民主党が“ねじれ国会”の中心テーマに据えたことから、中断していた論議が再燃、反響は全国に広がった。 今、インターネットは道路問題の洪水だ。「道路特定財源」を検索すると八百余(三月初め)のサイトが現れる。目立つのが自治体。都道府県はもとより、ふだんはあまり名前を聞かない地方町村も登場する。「暫定税率廃止反対」「道路はまちづくりの基礎」「道路がなければ隣の町まで急病人を運べない」 中身はどれもよく似ている。マスコミのアンケート調査などでは、道路整備特別会計に繰り入れられる揮発油税など特定財源の「一般財源化」を求める声が有力なのに、自治体の主張はなぜか「特定財源維持」一色。同じようなイラストやグラフ、同じ文言の説明。国土交通省道路局が“指導”しているという噂もある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
吉野源太郎 ジャーナリスト、日本経済研究センター客員研究員。1943年生れ。東京大学文学部卒。67年日本経済新聞社入社。日経ビジネス副編集長、日経流通新聞編集長、編集局次長などを経て95年より論説委員。2006年3月より現職。デフレ経済の到来や道路公団改革の不充分さなどを的確に予言・指摘してきた。『西武事件』(日本経済新聞社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順