ウラジーミルの肖像

名越健郎
執筆者:名越健郎 2004年7月号
カテゴリ:
エリア: ロシア

 3月のロシア大統領選で、71%の得票で再選を決めたウラジーミル・プーチン大統領の権威はいまや最高潮にある。 サンクトペテルブルクでソ連国家保安委員会(KGB)の小役人だった同大統領は政権1期目、エリツィン前政権時代に影響力を持ったメディアや財閥、議会を次々に統制。高度経済成長と政治的安定を達成し、ロシアはゴルバチョフ、エリツィン時代には考えられなかった社会の安定が実現した。 笑顔を見せず、土曜日も執務するきまじめさ、KGB出身者特有の密室政治や秘密主義が権威を高めており、米紙ウォールストリート・ジャーナルは、「スターリン以来最も強力な指導者」と書いた。 大統領選の投票所で、年輩のロシア人が出口調査の質問を受けた。「誰に投票しましたか」「共産党のハリトノフだ」「なぜですか」「昼間に共産党委員会に出頭する方が、夜中にルビャンカ(KGB本部)に連れ出されるよりましだ」 年輩のロシア人が外国人記者の質問を受けた。「好きな作家は誰ですか」「ウラジーミル・ウラジーミロビッチ・ナボコフだ」「好きな詩人は誰ですか」「ウラジーミル・ウラジーミロビッチ・マヤコフスキーだ」「大統領選では誰に投票しますか」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順