取り残される飯舘村「長泥地区」(上)「同じ村」の中での格差

寺島英弥
執筆者:寺島英弥 2016年12月26日
長泥地区の入り口のバリケードを開ける鴫原区長(10月26日、筆者撮影)

 東京電力福島第1原発事故のため全住民の避難が続く福島県飯舘村で、政府が来年3月末、ほぼ除染が完了するとして避難指示を解除する。いまなお残る放射線への不安など難問山積の中、住民は「帰るか帰らぬか」の選択を迫られている。しかし、古里が村の中でただ1つの帰還困難区域とされ、将来が見えないまま新たな年を迎える人々がいる。浪江町と接する飯舘村長泥(ながどろ)行政区。いまだ除染の計画もなく取り残される山懐の地域を訪ねた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
寺島英弥 ジャーナリスト。1957年福島県生れ。早稲田大学法学部卒。河北新報元編集委員。河北新報で「こころの伏流水 北の祈り」(新聞協会賞)、「オリザの環」(同)、「時よ語れ 東北の20世紀」などの連載に携わり、2011年から東日本大震災、福島第1原発事故を取材。フルブライト奨学生として2002-03年、米デューク大に留学。主著に『シビック・ジャーナリズムの挑戦 コミュニティとつながる米国の地方紙』(日本評論社)、『海よ里よ、いつの日に還る』(明石書店)『東日本大震災 何も終わらない福島の5年 飯舘・南相馬から』(同)。3.11以降、被災地における「人間」の記録を綴ったブログ「余震の中で新聞を作る」を更新中。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順