アングロ・アメリカンの凋落

平野克己
執筆者:平野克己 2012年2月29日
カテゴリ: 経済・ビジネス
エリア: アフリカ

 2月7日、スイスのトレーダー最大手「グレンコア」と、やはりスイスの資源メジャー「エクストラータ」との合併が発表された。新しい社名は「グレンコア・エクストラータ・インターナショナル」になる。合併後の総売上高はおよそ16兆円で、資源会社としてはおそらく世界第4位に躍り出る。川上から川下まで網羅できる資源総合企業の登場だ。ちなみに業界第1位はBHPビリトン、第2位はブラジルのヴァーレ、第3位はリオ・ティントである。かつて世界最大の鉱山会社としてアパルトヘイト時代の南アフリカ経済に君臨したアングロ・アメリカンは、もしかすると中国の国営石炭会社「神華能源」にも抜かれて、業界第6位に転落する。

 鉱業分野では過去最大といわれるこの合併劇をしかけたのは、グレンコアのCEOイワン・グラセンバーグとエクストラータのCEOミック・デービスだ。ふたりとも南アフリカ白人である。グラセンバーグは1957年生まれ、デービスは1958年生まれの同年配である。
 グラセンバーグはヨハネスブルグにある名門ウィットウォータースランド大学を出て地元で会計士をしていたが、1984年にグレンコアの南アフリカ石炭部門に入り、以後順調に出世して2002年にCEOになった。一方のデービスは、南アフリカのローズ大学を卒業し、ウィットウォータースランド大学で講師を務めた後電力公社のエスコムに入社、1995年に南アフリカの鉱山会社ジェンコーに移った。ジェンコーのCEOであったブライアン・ギルバートソンにヘッドハンティングされたのだが、このギルバートソンCEOが世界最大の資源メジャーBHPビリトンの、いわば創造主だ。ジェンコーがイギリスのビリトンを買収したのちデービスはビリトンのCFOに任命され、ビリトンがオーストラリアのBHPと合併してBHPビリトンが誕生した2001年に、エクストラータのCEOに招かれている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順