ボコ・ハラムの変容(上)「少女の自爆テロ」急増の背景

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2016年4月12日
カテゴリ: 国際 政治 社会
エリア: アフリカ
ナイジェリアでイスラム過激派「ボコ・ハラム」に拉致されたとみられる少女たち。いまだに200人以上が行方不明とされる[2014年5月12日に公開された映像から。撮影日時と場所は不明](C)AFP=時事

 ナイジェリア北東部ボルノ州のチボクという街で、200人以上の女子中高校生が同国のジハード・テロ組織ボコ・ハラムに集団で拉致された事件を覚えておられるだろうか。事件が起きたのは2014年4月14日深夜から15日未明にかけてだったから、発生からちょうど2年が経過した。さらわれた少女の数は当時はっきりしなかったが、最近は全部で276人が拉致され、57人が脱出し、今も行方不明になっているのは219人との見解が一般的になっている。

2000人を拉致

 事件発生当時は、ボコ・ハラムの指導者アブバカル・シェカウが犯行を認めるビデオ映像で「こいつらは奴隷だ。奴隷市場でこいつらを売る」などと得意顔で演説し、救出を求める米国内世論の高まりを受けたオバマ大統領が救出チームを派遣した。だが、219人の行方は今も分かっていない。 
 事件発生から2年を迎える今、ボコ・ハラムを巡って起きている出来事について考察しておきたい。それは、少女を利用した自爆テロの多発についてである。
 今年3月25日、ナイジェリアの隣国カメルーン北部の街リマニで、身に着けていた爆発物で自爆しようとしていた少女2人が住民の自警団に拘束された。そのうち1人がカメルーン当局に、「私は2年前にボコ・ハラムに拉致された女子生徒の1人だ」と供述していると報じられたことから、騒ぎが大きくなった。
 しかし、ロイター通信のその後の報道によると、拘束された少女は12歳で、2年前にチボクで集団拉致された少女の保護者らに写真を見せたところ、チボク出身の少女ではなかったという。とはいえ、この拘束された少女2人も、チボクの女子生徒たちと同様に、ボコ・ハラムによる拉致被害者だった。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルの推計では、2014年初頭以降、ボコ・ハラムによって拉致された未成年者は2000人に達する。少年は戦闘を強いられ、少女は性的奴隷にされているとみられている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順