今日は2003年4月22日?

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2010年12月30日
カテゴリ: 文化・歴史 国際 政治
エリア: アフリカ

 大晦日の今日は2003年4月22日------などと書くと、何のことやらさっぱり分からないでしょうが、西暦2010年12月31日(平成22年12月31日)をエチオピア暦で記述すると、このようになります。年の最後は政治経済の話から離れて、サハラ砂漠以南ではナイジェリアに次いで人口が多いエチオピアの文化について書きます。

 たとえ貧しく政情が混乱していようと、自国の文化や歴史に誇りを抱いている点は、アフリカの人々も日本人と同じです。そんなアフリカの国の中でも、とりわけ強い愛国心を抱いているのはエチオピアの人々ではないでしょうか。
 「私たちはアフリカで唯一、植民地になりませんでした。独自の暦を持ち、古代から独自の文字を使い、世界最高水準の教会建築があります。他のアフリカの国々と比べないで下さい」
 エチオピアの首都アディスアベバで出会った若い男性が、胸を張りながら私にそう言ったことがあります。

 若者の言葉に盛り込まれた要素を順番に説明していくと次のようになります。

 まず「植民地にならなかった」について。サハラ砂漠以南アフリカには、エチオピア、南アフリカ、リベリアという「植民地ではなかった国」が3カ国存在します。
 1910年に独立した南アは、少数の欧州からの移民の子孫が多数のアフリカ人を支配するアパルトヘイト体制を成立させたことにより、1994年の民主化まで国内に植民地的な社会構造を抱えていた国でした。また、西アフリカの小国リベリアは、米国の解放奴隷の子孫によって1847年に建国された国でした。南アもリベリアも「アフリカの普通の国」ではないのです。
 これに対し、エチオピアはムッソリーニのイタリアに1936年から5年間占領されたことを除けば、一貫して独立国家としての地位を守り抜いた希有な国です。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順