ウィズナー特使の正体

春名幹男
執筆者:春名幹男 2011年2月2日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 北米 中東

 オバマ米大統領がエジプトに派遣したフランク・G・ウィズナー特使(72)。日本のメディアは何も気付かなかったが、彼の父も国務省の外交官出身ながら、1950年代に米中央情報局(CIA)の秘密工作機関、政策調整部(OPC)の初代部長として活躍した有名な「荒業師」だった。中国共産党政権の打倒工作やスターリン暗殺なども計画したことがあった。

 なぜその息子が、米中東戦略の要、エジプトの危機に当たって特使を任ぜられたのか。彼がエジプト大使を務めたのは1986~91年の5年間。そのほか、ザンビア大使やフィリピン大使、インド大使なども務めているが、恐らくムバラク大統領の右腕でCIAとの密接な関係で知られるスレイマン副大統領(前総合情報局長官)に近いからではないか。エルバラダイ前国際原子力機関(IAEA)事務局長は米国との関係が良くない。オバマ政権は、親米政権の維持に苦慮している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順