ビンラディン殺害がもたらしたもの

執筆者:フォーサイト編集部 2011年5月20日

 本日の更新記事は、会田弘継さんの「国際論壇レビュー ビンラディン殺害がもたらした『暗くて重たい喜び』」です。ヒトラー以来、アメリカが最も憎んだ男・ビンラディン。しかし、殺害の報を聞いたアメリカ人の心情は、テレビに映った歓喜の表情よりも複雑でした。一方、アフガニスタンで戦うアメリカの同盟国カナダでは撤兵論が起こり、イスラム社会では「陰謀論」が噴出。ビンラディン殺害の余波は、まだ収まりそうにありません。  

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順