饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(162)

「Wagyu」「Daikon」で波紋が起きた米国の韓国歓迎メニュー

西川恵
執筆者:西川恵 2011年11月10日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米 朝鮮半島
歓迎式典は過去最大級の規模に(c)AFP=時事
歓迎式典は過去最大級の規模に(c)AFP=時事

 韓国の李明博大統領が10月11日から15日まで米国を国賓として訪問した。米韓両国の緊密な関係を象徴するようにオバマ米大統領は李大統領を最高の待遇で迎えた。  国賓でもめったにない米議会での演説の機会を与え、国防総省にも招き、機密事案協議用の部屋に案内した。米上下両院が韓国などとの自由貿易協定(FTA)の批准に向けた法案を可決した12日夜は、ワシントン郊外の韓国レストランに李大統領を招いた。同大統領のミシガン州デトロイトの自動車工場訪問(14日)にも、オバマ大統領は同行している。  米韓両国は北朝鮮やアフガニスタンで緊密に協力してきた。昨年の延坪島砲撃などで北朝鮮が挑発した際には、韓国は米国の自制要求に応えて、過度な反撃は押さえた。  李大統領に対するオバマ大統領の信頼は厚い。米大統領が信頼する首脳はメルケル独首相、トルコのエルドアン首相、それに李大統領といわれる。李大統領に対しては、韓国を国際政治舞台で注目すべきプレイヤーに押し上げた指導者としての力量と共に、教育面に力を入れていることを高く評価する。

「秋一色」の晩餐会

 13日午前、雨が降る中、ホワイトハウスの中庭で歓迎式典が開かれた。会談後、両首脳は共同記者会見を開き、米韓同盟がアジアの平和と安定に大きな役割を果たしていること、また国際社会での両国の協力を強化していくことを強調した。その夜、歓迎晩餐会がもたれた。
 両首脳はタキシードで、ミシェル夫人は韓国系デザイナーに特注したワンショルダーの紫一色のロングドレスに、ブルーのトルコ石をちりばめたベルト。国賓歓迎宴で夫人は国賓の国出身の米国人デザイナーのドレスに身を包むことが多いが、今回も例外ではなかった。李大統領の金潤玉夫人はピンクのチマチョゴリだった。
 招待者は224人と、過去の国賓歓迎宴と比べても最大級の規模。両国にかかわる政財界、文化人の関係者が招かれた。会場に足を踏み入れた招待者は「秋一色」に感嘆の声を挙げた。
 テーブルクロスは落葉を想像させる鮮やかなオレンジ。テーブルには色とりどりに菊など秋の草花やリンゴが溢れんばかりに飾られ、木のキャンドルライトが草花の中から顔をだす。周囲の壁に掛かっている大きな鏡もリンゴで縁取りがなされる念の入れよう。「秋の収穫」をテーマにした装飾は、ボストンを拠点にする空間デザイナー、ブライアン・ラファネッリ氏の作。同氏は昨年の、クリントン元大統領の娘チェルシーさんの結婚式でも会場装飾を担当した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順