フランスから届いたバラ「KIZUNA」

執筆者:フォーサイト編集部 2012年4月13日

 本日の更新記事は、大野ゆり子さんの「Nippon再生のためのサプリメント(6)震災後フランスから届いたバラ『KIZUNA』の物語」です。19世紀に日本からフランスに渡った種子から作出されたバラの苗木が、震災後の日本復興のシンボルとして再び日本に。

 「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

 「忘れてはならない資源、化学肥料」(アフリカ、平野克己さん):肥料の3大要素、窒素、リン酸、カリ。日本農業のために、肥料の安定供給は欠かせません。肥料輸出を伸ばしてきたアフリカ諸国と関係を深めていくことは、「肥料安全保障」の観点から見ても重要です。

 「重慶事件でざわつく中国社会」(中国、野嶋剛さん):太子党の大物・薄熙来氏失脚の影響は、「腐敗」に慣れきった一般国民にまで及んでいるよう。ツイッター管理者も「削除」に大わらわです。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順