中国スパイ、日本企業を対象にした秘密工作は成功か

春名幹男
執筆者:春名幹男 2012年6月2日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中国・台湾

 外国人登録証を不正に入手した在日中国大使館の李春光1等書記官の事件。警視庁公安部が5月31日、彼を外国人登録法違反などで書類送検し、捜査を終了した。大手各紙は1日まで、大きく報道したが、2日、このニュースは紙面から消えた。

  この事件で日本の大手メディアは、中国が日本政府の機密情報入手に狙いを定めているかのような報道をしてきた。しかし、現実はそれほど単純ではない。

 このままだと、中国が日本で行なっていると想定される工作が誤解される恐れがある。後述するが、中国は秘密の情報収集工作に加えて、広範な分野でいわゆる秘密工作(covert operation)も展開していることを、あえて指摘しておきたい。李書記官は末端でそうした工作に従事していた疑いがあるからだ。

 これまで明らかになった情報から総合すると、本人は元々人民解放軍参謀第2部所属の情報機関員で中国外交部(外務省)から「外交官カバー」を得ていたようだ。つまり、軍のスパイが外交官に偽装していた、とみることができる。

 こうしたやり方はどの国の情報機関でも採用している。彼が、外国人登録証を更新していたのは、恐らく大使館での任務から外れて人民解放軍の工作に従事するためであっただろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:5
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順