破滅前夜

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2012年9月27日
カテゴリ: 国際 社会 文化・歴史
エリア: アフリカ

 長期にわたる経済の低迷。巨額の政府債務。失業の増加。長期に及ぶ一党支配の終焉後、国民と無縁なところで権力闘争を続ける政治家たち。体制寄りの政治メディア。閉塞感を他者への攻撃で解消する社会の風潮。国民の期待を集める扇動型政治指導者の登場。ナショナリズムの高揚と排外主義の台頭。近隣国との関係悪化......これは西アフリカ・コートジボワール共和国の1990年代の状況である。

 今から10年前の2002年9月19日、コートジボワールで内戦が勃発した。かつて「象牙の奇跡」と言われる経済発展を謳歌した同国は南北に分断され、国民生活は崩壊した。内戦の始まりは北部を拠点とする離反兵士750人の武装蜂起であり、同国の内情を知らぬ外国人にとって、それは突然の出来事に見えた。だが、内戦は冒頭に述べたような政治・経済・社会状況の帰結であった。

 1960年の独立から33年間、コートジボワールを統治したのは初代大統領のフェリックス・ウフェ・ボワニだった。旧宗主国フランスや米国との協調を重視する政策はコートジボワールに繁栄をもたらし、1960年から80年までの実質経済成長率は年率平均6.2%を記録した。筆者は同国を二度訪れたことがあるが、事実上の首都であるアビジャン(法律上の首都はウフェ・ボワニの出身地であるヤムスクロという小都市)は、ガラス張りの高層ビルの間を高速道路が縫うように走る巨大都市である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:5
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順