【ブックハンティング】「4分の壁」にかけた青春

執筆者:生島淳 2004年10月号
カテゴリ: スポーツ 書評

 かつて一マイル(約千六百九メートル)を、四分以内で走ることは「自殺行為」とされた。ほんの五十年ほど前のことだ。五輪では千五百メートル走が競技種目だが、以前はマイルレースの方が格上だった。才能豊かなランナーたちが「一マイル=四分」の壁に挑むこと、それはエベレスト登頂(ヒラリーが征服したのは一九五三年)と同じように人類の限界へのあくなき挑戦と思われていた。今日では考えられないが、世界中のクオリティ・ペーパーが一面にマイルレースの結果を掲載していた。『パーフェクトマイル』(ソニー・マガジンズ)は、一九五〇年代の熱狂を、淡々と、しかも熱く甦らせる。レースシーンの再現ぶりは、いま目の前でレースが行なわれているかのような筆使いである(過去のレースをこれだけ面白く読んだのは、畑は違えど山口瞳の『草競馬流浪記』以来だ)。 この本から書き出されるのは、アマチュアリズムの凄みだ。一マイル四分の壁に挑戦する三人のランナーのプロフィールは次のようなものである。・ロジャー・バニスター(イギリス)オックスフォードを卒業し、病院に勤務しながら、昼休みに黙々とトレーニングに励む。・ジョン・ランディ(オーストラリア)農学専攻の大学生。ヘルシンキ五輪で出会ったザトペックに感銘を受け、途方もない鍛錬を自分に課す。休暇には蝶を採集する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
生島淳 1967年生れ。広告代理店勤務を経て93年よりライターとして活躍。著書に『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順