アフリカに軍事介入するフランスの論理

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2013年2月23日

 マリ北部のイスラム過激派の掃討を目的としたフランスの軍事介入は、過激派に占拠されていた主要都市の奪還という成果を挙げつつある。フランスを訪問したマリ暫定政権のシソコ首相は2月19日、フランスのファビウス外相との会談後の記者会見で「大規模な軍事作戦は終わりつつある」と述べている。

 

 今回のフランスによるマリへの軍事介入が日本でもある程度注目を浴びた最大の理由は、マリ北部を拠点にする過激派がアルジェリアで天然ガスプラントを襲撃し、多数の日本人が犠牲になるという特別の事情があったからだろう。

 だが、日本では一部の専門家を別にすればあまり知られていないことかもしれないが、フランスは過去半世紀の間、アフリカに対して最も頻繁に軍事介入してきた国だ。軍事超大国アメリカが世界規模で追求してきた軍事戦略を、アフリカの旧植民地に特化して進めてきた国。それがフランスだと言えるかもしれない。

 

 アメリカはソマリアのアルカイダ系組織掃討のため今世紀に入ってからジブチを軍事拠点とし、最近になってニジェールに無人攻撃機の基地をつくる計画を本格化させている。だが、アメリカは長年、アフリカ大陸に米軍基地を置いてこなかった。2008年10月に新設された「米アフリカ軍司令部」も、司令部はドイツにある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順