【フォーサイトノンフィクション】 なぜフェルメールの「真贋」は逆転したのか

執筆者:関亜矢子 2005年2月号
カテゴリ: 文化・歴史

オークションにかけられたオランダの巨匠フェルメールの絵は、一度はニセモノとされたものだった。いかなるプロセスをたどって、その絵が高額で競り落とされることになったのか。気鋭のライターによるレポート。 十二億円あたりまでは、七人が競り合っていた。ロンドンのニューボンドストリート、かの有名なサザビーズのオークションだ。そこから先は二人の争いになった。ひとりはオランダの絵画ディーラー、ヌートマン氏。もうひとりは代理人を立てた謎の人物。言い値はおよそ二億円単位で跳ね上がっていく。二人以外は声を上げることができない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順