米国のシリア空爆の対象は

池内恵
執筆者:池内恵 2013年8月28日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中東 北米

 アサド政権がダマスカス近郊で大規模に化学兵器を使用した疑惑が強まるにつれて、シリアへの限定的空爆論米国西欧で急速に高まり、今月内にも限定的な攻撃が行われるのではないか、との観測が流れている。

 もし攻撃するとすればどのような標的に対してなされるのか。注目されているのが、7月末から出回っている、ワシントンの戦争研究所(ISW)上級海軍アナリストで米海軍の作戦立案に携わったクリストファー・ハーマーのレポートである。「統合防空システム(IADS)以外のシリア空軍の水準を低下させるために求められる出撃と兵器」と題したこのレポートは、シリアへの介入を主張してきたマケイン上院議員らに即座に注目された(概要は同研究所のホームページからダウンロードできる)。 

 このレポートは、「シリアの攻撃目標を最小限に限定し、米国側の犠牲を最小限にとどめるにはどのような種類の攻撃をどの対象に向けて行えばいいか」という課題設定をしている。要するに極力シリア問題への関与を避けたい米国が、しかし介入を余儀なくされた場合に、「何らかの成果を上げるための最小限の攻撃の方法と攻撃目標は何か」という課題に応えたものである。

 そのため攻撃によって達成しようとする目標は極めて限定されている。ここでの目標は、反政府軍が政府軍に対して最も不利なのは空軍力の差(そもそも反政府側はまったく空軍力を有していない)にあるという認識から、シリア空軍の戦力を弱めることで、反政府軍にとって有利な状況を作り出す、というものであるようだ。これが戦略目標として適切であるかどうかは定かではない。あくまでも米側の消極姿勢の範囲内で目標を設定しているようだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順