政治をゼロから考える
政治をゼロから考える(25)

政治をよくするために私たちは何ができるのか

宇野重規
執筆者:宇野重規 2013年9月10日
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

質問 「政治をよくするために、私たちに何ができるのでしょうか」

 

 この連載も最終回となりました。やはり、最後はもう一度、もっとも基本的なテーマについて考えてみたいと思います。政治をよくするために、私たちに何ができるのでしょうか。

 もちろん、基本は選挙で1票を投じることです。とはいえ、みなさんのなかには、「そうはいうけれど、たった1票を入れることと、政治を変えることとの間には、かなりの距離があるのでは」という方もいるでしょう。あるいはむしろ、それが現代において誰もが抱く実感なのかもしれません。はたして、選挙以外に、私たちに何ができるのでしょうか。

 政治学的にいえば、選挙は間接民主主義と呼ばれます。国民が、選挙で選ばれた代表者を通じて、政治的意志決定を行なうからです。これに対し、国民が自ら意志決定に加わる行為を直接民主主義と呼び、住民投票をはじめ、デモや署名活動がそれにあたります。

 すぐに思い浮かぶのは首相官邸前での反原発デモでしょう。近くでは、東京の小平市で、道路計画の見直しを求める住民投票に向けての活動が話題になりました。目立ちませんが、合併や市庁舎建て替えをめぐる住民投票などが、いまでも日本各地で展開されています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
宇野重規
宇野重規 1967年生れ。1996年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。東京大学社会科学研究所教授。専攻は政治思想史、政治哲学。著書に『政治哲学へ―現代フランスとの対話』(東京大学出版会、渋沢・クローデル賞ルイ・ヴィトン特別賞)、『トクヴィル 平等と不平等の理論家』(講談社、サントリー学芸賞)、『〈私〉時代のデモクラシー』(岩波新書)、共編著に『希望学[1]』『希望学[4]』(ともに東京大学出版会)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順