ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス(8)

そのプラグマティズムに驚くスイス政府の自国防衛論(下)

執筆者:佐瀬昌盛 2005年9月号
カテゴリ: 国際 書評
エリア: ヨーロッパ

『民間防衛』Zivilverteidigungスイス政府編原書房 1970年刊 今年三月、ツューリッヒで行きつけの書店、オレル・フュスリの本店を訪ね、「民間防衛」関係の新著の有無を質問した。応対してくれた店員は、「昨日のターゲスアンツァイガーが採り上げたあの本なら、ありません」と答えた。何のことやら判らなかった私は、「それは何のこと?」と訊ねた。この問答で判明したのだが、地元有力紙『ターゲスアンツァイガー』は前日、三十六年前にスイス政府が各戸配布したくだんの『民間防衛』を俎上にした長文の評論を掲載していた。店員は私がそれを読んで、元本を探していると思ったらしい。 だとするとむしろ、その評論の方を読みたくなった。新聞社で入手してみると、これが写真込みで一ページを占める長大な評論。だがこれも数日前の講演の抜萃だと分かったので、即座にインターネットで全文を入手、一読した。掲載分の数倍もある長い講演録だ。筆者は気鋭の歴史家フィリップ・サラシン、表題は「脅威の文化」。内容はと言えば、脅威を意識、かつ強調しすぎる傾きのあるスイス国民性に対する辛い批判で、この国民性を象徴したものとして「あの赤本」を採り上げている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐瀬昌盛 防衛大学校名誉教授。1934年生れ。東京大学大学院修了。成蹊大学助教授、防衛大学校教授、拓殖大学海外事情研究所所長などを歴任。『NATO―21世紀からの世界戦略』(文春新書)、『集団的自衛権―論争のために』(PHP新書)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順