安倍首相も無視できない「小泉・細川」脱原発の広がり

執筆者:野々山英一 2013年11月19日
エリア: 日本
 12日、日本記者クラブで記者会見する小泉純一郎元首相 (C)時事
12日、日本記者クラブで記者会見する小泉純一郎元首相 (C)時事

 小泉純一郎元首相の「原発即時ゼロ」発言が、政界に衝撃を与えている。12日、東京・内幸町の日本記者クラブで行なわれた記者会見は、350席の大ホールが「満員御礼」となった。小泉氏は71歳。来日中のポール・マッカートニーと同じ年だが「人気もポールなみ」というささやきが記者団から漏れた。

 1時間19分に及ぶ小泉氏の主張はシンプルだ。

「核のゴミの最終処分場を国内につくることは『3.11』の前でもできなかった。今、できるわけがない」

「首相が政治決断すれば、原発ゼロは必ず実現する」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:9
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順