「張成沢処刑」で始まった金正恩「独裁政治」

平井久志
執筆者:平井久志 2013年12月13日
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮のメディアは12月13日早朝、北朝鮮の公安機関である国家安全保衛部の特別軍事裁判が12日に行なわれ、張成沢(チャン・ソンテク)氏が「国家転覆陰謀の極悪な犯罪を働いた」として死刑に処するとの判決を下し、即時、執行されたと報じた。

 張成沢氏は12月8日の朝鮮労働党政治局拡大会議で、党政治局員、国防委副委員長、党行政部長、国家体育指導委員会委員長などすべての職務を解任され、党を除名されたが、それからわずか4日後に、処刑を実行された。北朝鮮の「白頭山の血脈」を継承する金慶喜(キム・ギョンヒ)党政治局員の夫である張成沢氏がここまで早く処刑されたことは、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の「唯一指導体系」を確立し、恐怖政治で1人独裁体制を確立しようとする意図とみられる。

 

デノミ失敗の責任も

 この処刑を伝えた朝鮮中央通信の報道は、張成沢氏を「犬にも劣る醜悪な人間のくず」と決め付け「国家転覆陰謀」、すなわちクーデターを企てたと断罪した。

 報道によると、金正恩氏を金正日総書記の後継者に決定する過程でも「指導の継承問題を陰に陽に妨げる千秋に許せない大逆罪を犯した」とし、金正恩氏を後継者に決定する時点でも妨害工作を行なったと決め付けた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順