巨大プラントを、早く、寸分の狂いなく、安く作る――「エンジニアリング」の強さとは何か 3

執筆者:船木春仁 2006年4月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 プラントエンジニアリングの取材を始めたころ、ある技術者から、「家族四人分の料理であれば主婦はなんなく作るだろう。だが、五〇人分となると、キッチンが広くても一度に作ることはできない」と聞かされた。巨大なプラント建設に計画段階からかかわり、設計して納期までに完工させるには、独自のノウハウがあるということの例えなのだが、それが、どのようなものであるのかは理解できなかった。 エンジニアリング最大手の日揮や千代田化工建設(千代田化工)を何度か訪ねるうちに、あることに気がついた。あえて英語で記せば「ドキュメント」である。取材に応じてくれるどの技術者も、実にまめに資料を用意してくれるのだ。なかには分厚い英語の論文集をプレゼントしてくれた人もいる。 今回もそうだった。巨大なプラントを作りあげるプロジェクトマネジメントや、自社ではものを製作せずに各社の技術を融合させる「エンジニアリング会社としての品質管理」の真髄とはどのようなものか、再度、話を聞かせてほしいと千代田化工に依頼した。技師長にあたるフェローの坂口順一と業務統括常務(CIO=最高情報責任者)の白崎善宏が対応してくれたが、二人とも忙しいなか、使い回しではない資料をわざわざ作ってくれていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順