行き先のない旅
行き先のない旅(36)

ドイツで見た中国現代写真

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2006年5月号
カテゴリ: 国際

 久しぶりにドイツの大学を訪れる機会があったが、五年ほど前にはほとんど皆無だったアジアからの学生たちを、キャンパスでたくさん見かけて驚いた。私の卒業した大学では、今や二〇%が中国からの留学生。留学生担当の窓口も、以前は外国人を威圧することにのみ生きがいを持っているようなドイツの中年女性だったが、若くて溌溂とし、親身に学生の相談に乗りそうな中国の女性に変わっていた。それだけ、大学側も中国からの留学生に居心地の良い環境を整えることに熱心なのだろう。 ともに美術史を学んだ中国人のカメラマンも、最近は撮影のかたわら、中国とドイツの文化交流事業や、交換留学生のプログラムに忙しい。中国からのドイツ文学専攻の学生たちにホームステイ先の世話をし、中国に関心のあるドイツ人学生には中国旅行をアレンジする。年々、需要は増える一方だそうで、若いドイツ人学生の間にも、中国ブームが起きている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top