インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

「対中サイバー戦」に備えた仕込み工作も――底知れぬ「スノーデン漏洩情報」の全貌

春名幹男
執筆者:春名幹男 2014年5月21日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
 『暴露:スノーデンが私に託したファイル』
『暴露:スノーデンが私に託したファイル』

グレン・グリーンウォルド/著
新潮社

 元米中央情報局(CIA)職員エドワード・スノーデン容疑者による驚愕の暴露から6月でちょうど1年。

 彼から入手した大量の米国家安全保障局(NSA)の機密文書に関する報道でピューリッツァー賞を受賞したグレン・グリーンウォルド氏の著作『暴露』が世界24カ国で同時発売、日本語版は新潮社から発刊された。

 まさに、あの暴露を一冊にまとめたこの新著があらためて世界の注目を集めている。

 だが実は、スノーデン容疑者が持ち出した機密文書の全貌はまだ解明されていない。推定では、彼がNSAから流出させた文書は150万点とも170万点ともみられており、当のNSA自体が被害全体を把握していないのが実情。未発表文書の中に、もっと重大な秘密が隠されているかもしれないのだ。

 

スノーデンに恩赦?

 昨年12月、英テレビ局のインタビューに応じたスノーデン氏[英テレビ局チャンネル4提供](C)AFP=時事
昨年12月、英テレビ局のインタビューに応じたスノーデン氏[英テレビ局チャンネル4提供](C)AFP=時事

 それがまさに、NSAのスノーデン被害調査タスクフォースの最大の悩みらしい。同タスクフォース主任からNSA副長官に昇格したリック・レジェット氏は昨年末、CBSテレビとのインタビューで、「私の個人的見解では、(恩赦について)話をする価値がある」と述べ、スノーデン容疑者が未発表の残りの文書を返却すれば恩赦を与えることを検討する構えを示した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順