新政府発足のイラクを揺るがす地殻変動

執筆者:柳沢亨之 2006年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

ようやく安定への道を歩み始めたかのようにみえるイラク。だが、米国・イラン関係など「四つの変動」が、混乱をむしろ拡大させている。[カイロ発]本格政府を樹立したばかりのイラクで、風雲急を告げる南部バスラの情勢が内外指導者の懸念を集めている。英国のブレア首相は新政府発足から二日後の五月二十二日、ヌーリ・マリキ新首相と会談し、バスラの治安対策について「非常に緊密な」連携を取ることで合意した。一方、イランのモッタキ外相も二十六日、イラクのゼバリ外相とバスラ情勢を協議。マリキ首相は三十一日、バスラに非常事態令を発令した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順