「セウォル号」後の朴政権(下)「過去の発言」で躓いた首相人事

平井久志
執筆者:平井久志 2014年6月20日
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 6月4日の統一地方選挙を終えた朴槿恵政権はセウォル号沈没事故を収拾させ、政権基盤確立を図るために陣容の立て直しに着手した。

 朴大統領は6月8日に青瓦台の李貞鉉(イ・ジョンヒョン)広報首席秘書官の後任に尹斗鉉(ユン・ドゥヒョン)YTNプラス社長を内定した。朴大統領の側近として知られる李貞鉉首席秘書官が7月に予定されている国会議員の補欠選挙に立候補するために辞意を表明した。

 そして、朴大統領は統一地方選後の6月10日に文昌克(ムン・チャングク)元中央日報主筆を首相候補に指名し、李炳琪(イ・ビョンギ)駐日大使を国家情報院長に起用した。

 

ジャーナリスト出身

 6月13日、メディアの取材を受ける文昌克氏 (C)EPA=時事
6月13日、メディアの取材を受ける文昌克氏 (C)EPA=時事

 文氏の首相指名は2つの点で注目された。それは文氏が忠清北道・清州出身であるということと、記者出身であるということだった。

 6月4日の統一地方選挙では忠清北道、忠清南道両知事選、政令市に当たる大田、世宗両市長選で与党・セヌリ党が完敗した。朴槿恵政権の要職には慶尚道出身者が重用されているが、選挙で完敗した忠清道地域の「民心」を与党に引きつけるためにも同地域出身の人材を起用したとみられた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順