行き先のない旅
行き先のない旅(56)

急激に高まってきたベルギー「消滅」の懸念

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2008年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 ベルギーに住み始めて六年目になる。ところが、この国がいつまでこのまま世界地図上に残るのか危ぶむ声が、ここのところ急に声高になってきた。 ことの起こりは、日本でも報道されているように、二〇〇七年六月の総選挙から半年たっても、違う言語圏の間の対立が理由で新内閣ができず、政治空白が続いていることにある。 ベルギーは、北部に住みオランダ語を話すフランダース人と、南部に住みフランス語を話すワロン人、ドイツ国境沿いでドイツ語を話すドイツ系住民と、公用語だけで三つある。こう書くと、スイスのようなイメージをもたれる方もあるかもしれない。 ところが、スイスと大きく違うのは、言語の問題が、歴史の中で階級闘争と密接に関わってきたことである。フランス語は「支配階級のことば」、オランダ語は「被支配階級のことば」というような意識が、歴史上でまかり通っていた時期があった。 それも、それほど昔のことではない。我々の友人の四十代の音楽家がいる。彼女の両親はフランダース人なのだが、子供を高い地位につけたいと願う父親の方針で、家ではオランダ語を禁じ、フランス語で教育を施されたので、母語はフランス語である。つまり、フランダース人自身が、オランダ語は「方言」として恥じ、上流へのパスポートとしてフランス語に精を出した時期があったのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順