「政策顧問」の顔ぶれで占う米次期政権の姿

足立正彦
執筆者:足立正彦 2008年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

オバマ、クリントン、マケインと、どの陣営にも、民主・共和両党の重鎮たちが集結。だが、外交や経済の政策にはかなりの違いが――。 米大統領候補選びの天王山、メガチューズデーが幕を閉じた。民主党はヒラリー・クリントンとバラク・オバマ両上院議員の一騎討ちがまだ当分続く一方、共和党はジョン・マケイン上院議員が同党大統領候補指名獲得をほぼ確実にした。 筆者は東京財団が行なったプロジェクトにおいて、久保文明・東京大学教授をサポートし、昨年十一月に両党の主要候補者八人の選挙対策本部メンバーと政策顧問の人名録を作成した。このうち共和党のトンプソン、ジュリアーニ、ロムニー、民主党のエドワーズの四人はすでにレースから脱落した。共和党のハッカビーはまだ戦線に踏み止まっているものの、大統領への道はきわめて険しい。大統領候補は事実上、マケインと民主党の二人の候補のいずれかに絞られたといえる。 私たちがこのような作業を行なったのは、大統領選挙に臨む各陣営の顔ぶれを見れば、その候補が大統領に当選した後、つまり次期米国政権の政策をある程度推し量ることができ、同時にアメリカの有権者がどのような観点から候補者を選んでいるのか知ることができるという問題意識からであった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順