行き先のない旅
行き先のない旅(59)

パリの街の新名物は「銀色の自転車」の群れ

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2008年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 パリで今回、目についたのは、銀色の自転車で颯爽と走る人々だった。デザインがお洒落で、ハンドルの形も自転車というよりミニバイクのよう。 パリという街も、渋滞に巻き込まれるとどうにもならない街だ。凱旋門、セーヌ川と美しいはずの風景も、急いでいるときには、楽しむ心の余裕がなくなる。タクシーが遅々として進まない中、ミーティングの時間が近づく。いらいらしているこちらの横を、銀色の自転車に乗る人々が、すずしい顔ですいすいと通り抜けてゆく。 なぜ、銀色の自転車がこんなに多いのか。その答えは、パリで昨年から導入された“ヴェリブ”「Velib'」(Velos en libre-service=自転車セルフサービス=の略)という、二万台の自転車を市が初乗り三十分間無料で貸すサービスにあった。利用料は一日一ユーロ、一週間五ユーロと極めて安い。 街のあちこちに、自転車と同じシルバーの色をした「Velib'」というマークの自転車置き場がある。利用者はここで自転車を借り、好きなだけ利用したあと、「Velib'」の駐輪場であれば、借りた場所と同じでなくても返却することができる。 自転車に乗る方は、せっかくの「愛車」を自転車泥棒に盗まれ、嫌な思いをしたご経験があるのではないだろうか。このヴェリブのメリットは、自分の自転車ではないので、置いた場所に自分の自転車があるかないか心配しないで良いことである。タクシー代が値上がりした折、夜遅くなって終電を逃したらヴェリブを利用して自転車で帰宅する人も増えてきた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順