金融当局の「縄張り争い」がもう始まった

執筆者:水本春子 2008年12月号
エリア: 北米

[シカゴ発]「TSUNAMI(津波)が襲った」。大恐慌以来の金融危機の全容が明らかになるにつれ米議会を震え上がらせたのは、デリバティブと呼ばれる金融派生商品、とりわけ米保険最大手AIGを実質的な経営破綻に追い込んだCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)への規制の実態だった。 CDSは保険のようなもの。企業の倒産で貸し付けたお金を回収できなくなるかもしれないリスクへの保証を商品化したものと考えればいい。債権者(お金を貸した者)が貸付先の企業に関わるCDSを購入し、毎年債権の一%程度の保証料をCDSの売り手に払っておけば、その企業が倒産しても売り手から貸し付けたお金の元本を補填してもらえる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top