「時間」を味方にできなくなった金正日の焦り

平井久志
執筆者:平井久志 2009年1月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 朝鮮半島

状況は一変した。時間を稼ぎ、相手をじらす――そんな北朝鮮の交渉戦術は使用不能に。そこを見据えるべきだ。 金正日総書記の「写真統治」が続いている。 北朝鮮の公式メディアは、十月四日から十二月十二日までの間に、十一回にわたって金総書記の現地指導を報じた。いずれもスチール写真で、左手の麻痺の可能性を指摘されると両手を上げて拍手をしている写真を公表するなど「釈明」に努めている。しかし、九月九日の建国六十年の行事や、十月三十日の朴成哲元国家副主席の国葬に参加しなかった理由は、健康異常以外に考えにくく、八月中旬に脳卒中などの病変が生じたことは間違いない。 ただし、健康状態は回復基調にあるようにみえる。病身とはいえ、政権掌握に問題が起こっている兆しはなく、権力の空白は感じられないからだ。 注目すべきは、金総書記の健康異常と相関するように、北が核問題、南北関係、経済政策などで一斉に強硬路線を取り始めたことだ。 まず、核問題。北朝鮮は十月十一日に米ブッシュ政権からテロ支援国家指定解除を取り付けて以降、現政権からこれ以上得るものはないと判断したかのように、核開発の進み具合を検証するための核施設からのサンプル(試料)採取を認めない強硬姿勢に転じた。米国側はサンプル採取について「再三確認しており、米朝間で認識の食い違いはない」としたが、米朝合意文書の中には明確な表記はなく、文書化を怠ったスキを突かれたといえる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順