行き先のない旅
行き先のない旅(69)

良質かつ柔軟性に富むベルギー「医療事情」

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2009年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 昨年ちょっとした病気で、ベルギーで入院して手術した。ヨーロッパに住んで十七年目。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランス、そして客演旅行先のアメリカ、イギリスの全ての国で、夫か私が診察を受けた経験があると胸を張れる(張らなくていいけど)。 その経験から言うと、共産主義を脱して間もない頃のクロアチアの医療水準の高さは群を抜いていた。夫が足を何針か縫う怪我をした時のこと。病院に駆けつけると手際の良い治療で、しかも無料。折悪しく夜は演奏会という日の午後だった。包帯をぐるぐる巻いて舞台に上がったので、黒いエナメルの靴は履けず、場内アナウンスの上、燕尾服に白いスリッパで指揮をしたのだが、見事な治療のお陰で、無事に公演ができた。 今じゃすっかり悪役の共産主義だけど、いいところもあった、というのがポーランドの友人の弁。出産して退院した後、授乳は順調ですか、困ったことはないですか、と一週間毎に、病院の方から、アフターケアの電話があったという。医師も看護師も、実に優秀で無料。民主化以降は、もちろん有料だ。 そういえば、ドイツの病院で一番優秀だったのは、やはり東欧圏から来た看護師だった。今回、ベルギーの病院では、アフリカ諸国から移民してきた、黒人の優秀な看護師が多かった。本国での研修はフランス語で受けているので、言葉の壁がなく、看護師不足の昨今、心強い即戦力となる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順