インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

CIA工作員7人死亡 支局長は3児の母だった

春名幹男
執筆者:春名幹男 2010年2月号
カテゴリ: 国際

 米中央情報局(CIA)の本部正面玄関から入って、右側の壁には、いくつもの銀色の星が埋め込まれている。私が一九九〇年代に目撃した時には、その数は約六十だったが、現在はちょうど九十に増えている。 殉職したCIA職員の勇気を称えた象徴である。「われわれは国家防衛の第一線である。われわれは他の人たちがなし得ないことを達成し、他の人たちが行けないところに行く」と記した壁の下に、殉職者名簿が置かれている。なお名前を公開できない何人かは空欄のままだ。 昨年末の十二月三十日、パキスタンと国境を接するアフガニスタン東部ホスト州にある「チャップマン前進工作基地」で起きた自爆テロで死亡した七人のCIA工作員もやがて、あの壁で星になる。 一度にCIA職員が死亡した数としては、一九八三年四月十八日、ベイルートの米大使館爆破事件で死亡した八人に次ぐ。 今度の事件の死者数は当初八人と伝えられ、その後七人と訂正、さらに八人、と報道が二転三転した。だが、カタールのテレビ局アルジャジーラや欧米の新聞報道で、死者の身元などが伝えられ、CIAが展開していた秘密工作の実態や事件の真相が浮かび上がってきた。 死者数は自爆犯一人を含めて計九人。CIA工作員および契約工作員七人に加えて、CIAと行動を共にしていたとみられるヨルダンの情報機関、総合情報局の大尉一人が死亡した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順