朝鮮半島に“劇的変化”は訪れるか

執筆者:黒田勝弘 2010年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 一九八五年、韓国で超ベストセラーになった『丹』という小説がある。そのなかで超能力者の仙人「羽鶴道人」が未来予知能力を発揮して「韓国の大運三千年」を占う。 それによると朝鮮半島は十五年以内に韓国主導で南北統一し、その後、統一韓国は北方大陸に進出し、古代・高句麗の地を回復する。さらにモンゴル、シベリア、バイカル湖、カムチャツカ半島にまで領土を広げアジアの巨大国家になる。そして世界史はアジアが中心となり韓国、中国、インドが世界の主役になり、とくに韓国は現在のアメリカのような役割を果たす……。 一九八八年、ソウル・オリンピック開幕を前に韓国の最有力紙『朝鮮日報』(九月六日付)のコラム「太平路」は「大陸へ行こう」と題し、韓国にとってオリンピック主催の意義を次のように謳い上げた。「(広大なユーラシア)大陸がわが民族を呼んでいる。モスクワから、沿海州から、吉林省から、北京から、山東から、揚子江から、広東から、ハノイから、プノンペンまでわが民族の力量、韓国の力を必要としている。大陸の無限の地平を駆け、わが民族の古来の地に未来の空間を拡張しよう」 二〇〇二年、日韓共催のサッカー・ワールドカップで韓国が全国民的な熱狂のなかで四位になった時、韓国では「経済も世界の四強へ」というキャンペーンが官民挙げて展開された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順