中国のリスク回避に台湾を活用できるか

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2010年10月19日
カテゴリ: 金融

台湾の対中窓口トップである江丙坤氏が来日し、きのう、都内でECFA後の中台関係について講演しました。江氏は、私が台北支局の在任中に何度もインタビューした人物で、日本語も堪能なベテラン政治家です。ECFAは中台間で6月に署名され、9月に発効した自由貿易協定で、関税をゼロに引き下げ、投資や金融などでも自由化を進めるものです。

2008年の馬英九政権の登場後、中台関係の改善によって台湾は中国経済から多大な利益を享受し、経済パフォーマンスは上向きになりつつあります。今後もECFAによって台湾経済の中国進出、中国との一体化が加速するでしょう。

こうした状況を踏まえ、江氏の講演は「日本企業は台湾企業と組んで中国進出しましょう」というセールストークでした。

中国進出には労務や契約でリスクが高い。言葉の壁もある。当分円高が続きそうだ。ならば、中国とは言語・文化で共通で、中国人と付き合いも長く、中国をよく知っている台湾にやっかいな部分を任せ、日本は資本や技術を提供し、日台連合で中国ビジネスをしませんか--というものです。

もともと日台連合方式ではモスバーガーやセブンイレブン、上島珈琲などですでに成功例がありますが、今後は製造業などにも広げていきたい、という台湾側の意気込みです。これは、台湾にとって対中傾斜が強くなりすぎないよう日本との関係も維持していく外交バランス的にも役立つ話でもあり、ここ半年、台湾側から日本への働きかけが行われています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順