「大統領」2人のコートジボワールを見ながら思い出す尖閣ビデオ流出事件

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2010年12月21日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: アフリカ 日本

 平野さんが11月18日に「アフリカの部屋」へ投稿した「尖閣諸島漁船衝突ビデオの流出事件について、アフリカ国家論から思う」に対して、読者の方々からいくつかのコメントが寄せられ、私は「これは興味深い議論だなあ」と思いながら読んでいました。

 投稿からほぼ1カ月が経過し、海上保安庁の尖閣ビデオ流出を巡る議論は沈静化の様相ですが、私は西アフリカのコートジボワールで続いている「大統領が2人」という異常事態を見ながら、「国家公務員の義務・責務とは何か」という問題をますます深く考えています。

 コートジボワールで進行中の異常事態の現状を知るには、前回の平野さんの投稿文で紹介された岡村善文・駐コートジボワール日本大使のブログが役立ちます。現地の生々しい様子が伝えられている岡村大使のブログを読んだ私は「もし、自分がコートジボワールの国家公務員だったとしたら、どのような立場を選択し、何に恭順の意を示し、どちらを向いて仕事し、何を義務とするのか」と考え込んでしまいました。

 なにせ「大統領」が2人いるのです。

 選管に勝利宣告された野党候補のワタラ氏は、国際社会から「真の大統領」として認知され、組閣を終えています。一方、敗北を認めず大統領官邸に居座り続けているバグボ氏は国際的には四面楚歌ですが、選挙では約45%得票しました。つまり、国民の10人に4人くらいの支持は得ています。負けたと言っても無視できない勢力です。そして、こちらもやはり「組閣」を終えています。2人の「大統領」が存在し、それぞれが「組閣」を終えている状態。つまり、コートジボワールには2つの「政府」があるのです。逆説的に言うと、全土を実効支配している政府が存在していません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順