【焦点の人】シェリー・ブレア(ブレア英首相夫人) ブレア英政権浮沈の鍵を握る賢夫人の素顔

執筆者:松島芳彦 2000年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 ヒラリー米大統領夫人は、申し分のない富と地位、名声を手に入れながら夫の女性問題に傷ついた。だが、ことし五月に四十五歳で四人目の子供を出産するシェリー英首相夫人は、およそ女性が望むすべてのものを手に入れたかのようだ。首相夫人の華やかな役割を果たすだけでなく、英国でも一流の法廷弁護士である彼女は、今回の妊娠で妻や母親としての幸せも国民に印象付けたからだ。 夫のブレア首相は、二十世紀から二十一世紀にかけて政権を担当し、大英帝国の遺産克服と「新たな英国」の建設により歴史に名を残す野望に燃える。才色兼備の夫人との間に、新千年紀の最初の年に誕生する「ミレニアム・ベビー」のニュースに英国は沸き立った。ゴシップが売り物の英マスコミは、ポスト・ダイアナの目玉として追いかけ回そうと待ちかまえている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top