工場の森 トップシェア企業がひしめく「物造りの街」東大阪

執筆者:水木楊 2000年3月号
カテゴリ: 社会 経済・ビジネス
エリア: 日本

 不況が長く続いたのに、東大阪商工会議所の専務理事、湖中齊氏(六四)は忙しい。「こんな部品を作れる業者を紹介してくれないか」という問い合わせがひっきりなしなのだ。この世にまだ存在していない部品の注文で、設計図片手の問い合わせである。商工会議所が紹介した件数は年々増加しており、昨年は二百三十、今年は三百を超えそうだという。 東大阪市。大阪府の東部、生駒山の麓に広がる河内平野の街。東西十一・二キロ、南北七・九キロ、面積六十一・八一平方キロメートル。人口五十一万七千人。大阪府下では大阪市、堺市についで三位の街だが、全国一を誇る数字がある。一平方キロメートルの工場数で、百七十三。二位が東京の大田区百三十。断然のトップだ。工場の絶対数で見ても東京都二十三区、大阪市、名古屋市、京都市の次に東大阪市があり、全国五位。しかも、従業員三百人以下が九九・九%。東大阪市は世界でも珍しい中小企業の街である。 平坦で一見殺伐とした街を歩くと、不思議な建物にぶつかる。ブロック塀にスレート屋根で、平屋建て、ないしは二階建て。ひとつの建物なのに「○○製作所」、「××精工」といった看板がいくつもぶら下がっているのだ。工場の長屋である。一棟が数戸に間仕切りしてあり、一戸当たりは平均して六十六平方メートル。従業員三、四人の零細工場だ。この民間工場アパートが東大阪にはなんと五百棟以上ある。これもまた他には見られない現象だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順