インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

逮捕されたモンテシノス 巨額の海外送金の背景

春名幹男
執筆者:春名幹男 2001年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

 かつてペルー経済を破滅の淵から救った英雄とされ、今も日本で同情の対象にもなっているフジモリ前ペルー大統領。だが、本国ペルーでは最近、チリの元独裁者ピノチェトになぞらえて「チノチェト」とも呼ばれているほど。「チノ」は元来の「中国人」から転じて東洋人という意味である。 ピノチェト氏は過去の犯罪を追及され、起訴される憂き目に遭った。チノチェトの方も、かつての右腕モンテシノス元国家情報局(SIN)顧問の逮捕で包囲網がさらに狭まった。 ブッシュ米政権はトレド次期政権支持を明確にし、ペルー当局との連携プレーを緊密に推進している。米情報機関の包囲網はペルー、ベネズエラから、コロンビア、さらに日本を囲む線にまで拡大している。 ペルー政府情報によると、モンテシノス元顧問は、昨年十月、ヨット「カリスマ号」でこっそりペルーを脱出、オランダ領アルバ島を経て、同十二月、ベネズエラに入国した。 そして今年六月二十三日、モンテシノス元顧問を捕まえる米・ペルー両当局の秘密合同作戦「オペレーション・チェックメイト(王手)」が成功裏に終了するまで、極秘の合同工作が続けられた。この間、ベネズエラ当局に邪魔されて作戦は二度失敗している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順