インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

悲劇のハク元司令官 CIAとの連携説は誤報

春名幹男
執筆者:春名幹男 2001年11月号
カテゴリ:

 米カリフォルニア州ヘイワードのモスクで十一月四日、イスラム教の形式に則って厳粛に、反タリバン勢力の有力指導者、アブドル・ハク元司令官(四三)の葬儀が執り行なわれた。 喪主はアブドル・マジード・アルサラ君(一六)。同州ユニオンシティの高校二年生。十月二十六日、アフガニスタンの首都カブール郊外のタリバン基地、リシコルで処刑された、ハク氏の長男である。 約百人の参列者を前に、マジード君は「祖国が私を必要とするなら、私だって戦う」と男らしく語った。母も弟も刺客に暗殺され、アメリカに渡り、いとこたちと暮らしていたが、今度は父も失った。 ソ連侵攻時代、地雷で右足を失いながら果敢に戦い「アフガニスタンのライオン」と呼ばれた男が、今度の戦争ではタリバン部隊の待伏せ攻撃で孤立、最後の段階でようやく米無人機の来援を受けたが、力尽き捕まってしまった。 しかも、米中央情報局(CIA)とは事実上けんか別れしたまま、実質的な支援は受けず、軽装備で祖国に潜入したのに、死後も「CIAと連携した秘密工作」と報道された。日本の報道はほとんどが誤報だ。ハク元司令官の最後は悲劇としか呼びようがない。 誤解されたハク氏の潜入劇、そしてCIAとの関係の真相は、ロバート・マクファーレン元大統領補佐官(国家安全保障問題担当)によって、このほど初めて明らかにされた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順