【ブックハンティング】 アッチとコッチ

執筆者:向井万起男 2002年4月号
カテゴリ: 書評

 国際化の時代となった今、日本と外国との違いを知っておいて損はない。何しろ、アッチの国々とコッチはかなり違うのだから。そして、アッチの人々は私達とは妙に違うというか、決定的に違ったりしているのだから。 そうした違いを知る上で実に参考になる本が最近三冊出た。まずは、佐山和夫『ヒーローの打球はどこへ飛んだかロベルト・クレメンテの軌跡』(報知新聞社)。この本は、一九八六年に出た名著の復刻版だが、今この時代に読んだ方が日本人には分かりやすい。何故なら、最近、多くの日本人にとって大リーグは身近なものになっているから。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順